弁護士28名所属。東京池袋・池袋駅西口徒歩1分。様々な法律トラブル解決のため、あなたのお力になります。

刑事事件 | 業務内容 | 城北法律事務所

ホーム業務内容 > 少年附添事件

少年附添事件

少年事件の相談例

相談

高校生の息子が,友達を殴って大怪我をさせたとして逮捕されてしまいました。この後,息子はどうなってしまうのでしょうか。

回答

14歳以上20歳未満の少年が,刑事事件の当事者となった場合,成人とは異なり,「少年法」という特別の法律が適用されます。この場合,手続の流れは下図のようになります。

刑事手続きの流れ

弁護士に依頼すると…
逮捕されてしまった少年と直ちに接見(面会)を行い,適切なアドバイスをするとともにご家族との連絡役を務めます。
また,勾留をしないよう警察官や検察官に働きかけたり,観護措置をしないよう裁判官に働きかけるなどして,身体拘束から可能な限り早期の解放を目指します。
もし,少年が本当に友人を殴って怪我をさせてしまった場合でも,弁護士は付添人(家庭裁判所送致までは弁護人)として,少年に反省を促し,更生に向けたアドバイスや環境調整に努めます。
さらに,被害者の方と示談交渉に向けた交渉も行います。
なお,国選付添人制度もありますが,国選付添人制度対象外事件であっても,日本弁護士連合会の弁護士費用の援助制度を利用できる場合がありますので,弁護士費用についての相談も含め,まずは早めにご相談されることをお勧めいたします。

まずはお気軽にご相談下さい。

城北法律事務所について

〒171-0021
東京都豊島区西池袋1丁目17番10号
エキニア池袋6階
Tel : 03-3988-4866
(JR池袋駅西口より徒歩1分)
詳しい地図はこちらから
【営業時間】
平日 午前9時-午後6時
土曜 午前9時-午後4時
(第2・第4土曜日はお休みです)
※2014年11月1日から上記の通り変更になりました。

法律相談のご案内


TEL:03-3988-4866

webから相談予約


Copyright © JOHOKU LAW OFFICE , All Right Reserved.
TEL:03-3988-4866